三菱自動車の燃費不正問題 対象車種と補償の内容・範囲について

三菱自動車の燃費不正問題 補償内容は?

三菱自燃費不正問題 補償対象車8車種と賠償額【最新情報】

2016年8月30日、またまた三菱自動車の燃費不正が国土交通省の調査で明らかになりました。
三菱自動車は国交省の調査結果を受け燃費不正があった8車種につき販売を一時停止して、対象車の保有者に1台あたり3万~10万円の賠償金を支払うことを発表しました。

今回新たに不正が発覚して補償の対象となる8車種とそれぞれの賠償額は以下の通りです。

車名 賠償額
 RVR 10万円
 ミラージュ 6万円
 パジェロ 6万円
 デリカD:5 6万円
 アウトランダーPHEV  3万円
 アイ・ミーブ  3万円
 ミニキャブ トラック  3万円
 ミニキャブ バン  なし

補償・賠償額は妥当なのか?下取・売却価格の低下は必至!

今回は燃費が不正が行われた8車種に対する補償・賠償額は果たして妥当なのでしょうか?

賠償金が一番高い(10万円)RVRの燃費データのカタログ値との差は8.8%です。年間1万キロ走行をベースに試算すると1年間で880 ㌔分の燃費を余分に払っている計算になります。燃費の穴埋めとしては妥当な金額にも思えます。

しかし、今回の燃費不正問題を受け該当8車種の中古車としての市場価値は間違いなく低下します。

下取りや中古車として売却する際の査定額の低下に伴う損失を考慮すれ必ずしも十分とは言えいのではないでしょうか・・。

 簡単20秒 三菱車の買取相場を今すぐチェック!

これまでの経緯

三菱自動車の燃費不正偽装問題で同社社長の相川哲郎社長が2016年5月11日に記者会見を行いました。

既に20日の会見では、eKワゴン、日産自動車向けに供給したデイズなど軽自動車4車種で燃費を実際より良く見せる不正を行っていことが明らかになっていました。

今回の会見では、上記4車種の燃費データの偽装の他にも、1991年から法定された方法とは異なるデータ測定を続けていたことや一部の車種につき架空のデータを机上計算していたことが判明しました。

燃費不正問題はeKワゴン、日産デイズだけにはとどまらないようです。

同日の会見ではユーザーに対する補償内容についても質問が及びました。

三菱車の所有者としてはさぞや不安に思われていることでしょう。

そこで、燃費の不正が行われた対象車種と補償や賠償の内容・範囲につきまとめました。

燃料不正問題の対象車

燃費試験データの偽装が明らかになった4車種

燃料試験データの意図的な偽装が行われたのは以下の4社車です。

  • eKワゴン
  • eKスペース
  • 日産デイズ
  • 日産デイズルークス

2013年6月に販売された2014年型「eKワゴン」と日産向けの「デイズ」では意図的に燃費データを小さくして国の燃費試験を受けていたことが判明しました。
他の2車種については走行試験もせずに架空のデータを算出していたことが明らかになりました。

この4車種でだけでも燃費不正の対象台数は、自社販売分が15万7000台、日産向け生産分が46万8000台の計62万5000台に昇ります。

eKワゴン、デイズだけじゃない!燃費不正対象車

26日の会見では、三菱自動車内では1991年から燃費性能の基となるデータの測定において国が法律で定める方法とは異なる方法で燃費データの測定が行われていたことも判明しました。

つまり、燃費データの偽装が行われた4車種以外でも燃費データの測定方につき不正が行われていたということです。

これにつての対象車種の詳細は明らかにされていませんが、1991年以降に三菱自動車が生産したほぼ全車種で不正が行われていたことが推察されます。

タイヤの摩擦や空気抵抗などの「走行抵抗値」のデータは、道路運送車両法に基づき「惰行法」で測定するよう91年に定められた。だが三菱自によると、この時から「高速惰行法」と呼ばれる米国車向けの試験方法で実施していた。

デリカD:5、アウトランダー、パジェロでも新たに燃費偽装が発覚

5月19日の朝日新聞の報道によると、「デリカD:5」「アウトランダー」「アウトランダーPHEV」「RVR」「パジェロ」の5車種でも燃費偽装が行われていたことが新たに発覚しました。

上記の5車種についてはカタログ値と再測定値の間に最大で3%程度の相違しかないので今のところ補償は考えていないようです。

燃費の違法測定はほぼ全車種で!

5月11日の朝日新聞の記事によりますと、1991年以降に三菱自動車が国内で販売したほぼ全て車種で違法な燃費データの測定が行われていたことが明らかになったとのことです。

ちなみに法定通りに測定が行われたのは、デリカD5、アウトランダーPHEV、ミラージュの3車種のみとのことです。

(その後の調査でデリカD5、アウトランダーでも燃費偽装が発覚しました。

三菱自動車の関係者からは、現在販売中の対象車種については「今のところ法定の計測方法による燃費との間に大差はない」という趣旨の発言がされています。

【三菱自動車の燃費不正問題で対象となる可能性のある主な車種】
三菱自動車が1991年以降に生産して現在も走行している主な車種一覧
ekスペース、ekカスタム、ekスポーツ、三菱GTO、RVR、アイ、アイ・ミーブ、アウトランダー、ギャラン、コルト、ディアマンテ、デリカ、デリカD5、トッポ、パジェロ、パジェロミニ、ミニカ、ミニキャブ、ミラージュ、ランサー、ランサーエボリューション

補償の内容と補償の範囲は・・?

三菱自動車の今回の燃費不正問題では対象となる車についてどのような補償がされるのでしょうか。

同じように燃費データの偽装が発覚したドイツの自動車メーカー VWでは、アメリカで販売したディーゼル車約50万台については買取や修理に加えて、車の所有者に対して十分な額の補償をすることが発表されました。

26日の記者会見において三菱自動車の相川哲郎社長は、燃費データの不正が行われた車種を購入したユーザーへの補償内容について、『燃料差額分に加え、中古車として売却する場合、不正による価格下落分も補償対象とする方向で検討している』と明らかにしました。

ただ、補償開始の時期や補償額の算定方法、中古車として購入した人に対する補償の有無など具体的な補償内容や補償範囲については明らかにされませんでした。

また、1991年以降、法定の燃費測定方法を無視して独自の燃費測定方法をとってき車種のユーザーに対する補償についての言及もありませんでした。

三菱自動車においては、燃費不正が行われた車のユーザーに対する具体的な補償内容と補償の範囲を早急に発表して頂きたいものです。

遂に賠償額を決定!軽4車種10万円、その他5車種に3万円

燃費データの不正問題が発覚してから約2カ月が経過した6月17日、遂に三菱自動車が顧客への賠償方針を発表しました。

過去10年間で販売された全29車種で燃費データに不正があり、そのうち意図的なデータ改ざんが行われた全9車種につき10万円の賠償金や3万円のお詫び料を支払う方針が明らかにされました。

賠償額10万円の支払い対象車

ekワゴン、ekスペース、日産デイズ、日産デイズルークス

※上記車種のオーナーで既に対象車を売却してしまった人には、所有年数1年につき1万円を支払うとのことです。

お詫び料3万円の支払い対象車

RVR、パジェロ、旧型アウトランダー、コルト/コルトプラス、ギャランフォルティス/スポーツバッグ

上記の5車種については、燃料代で損はないがお詫びとして一律3万円を支払うとのことです。

燃料データ改ざん以外の机上計算、違法測定については賠償せず!

上で紹介した9車種以外、すなわち燃料データの改ざん以外の机上計算・違法測定という不正が行われた車種(デリカD:5、旧型ekワゴン、アウトランダーPHEV等)についての賠償予定はないとのことです。

車買取の一括査定

 愛車を高く売りたい人のための無料一括査定【簡単1分】

【編集後記】

燃費データの不正問題の発覚当初は、燃料費の差額分と中古車としての下取り価格の下落分を含めすべてを補償するようなことを言っていましたが、6月17日に発表されたのは、軽4車種につき1台あたり一律10万円、それ以外にのデータ改ざん車種については3万円のお詫び料というユーザーにとっては期待外れの内容でした。

三菱自動車側としては、上記の賠償額で一律に決着を図りたいのでしょうが、ユーザー側からみればとても受け入れ難い内容ではないでしょうか。

また、改ざん以外の不正が行われた車両に対する補償・賠償が予定されていない点及び、不正問題の発覚前に中古車として賠償の対象となる車を購入したユーザーに対する補償・賠償が一切ないのも気になります。

今回発表された賠償内容は、あくまでも三菱自動車の方針に過ぎません。ユーザー側には集団訴訟を起こす等の手段も残されています。

果たして三菱自が示した賠償方針で決着するのでしょうか・・・?

 簡単20秒 三菱車の買取相場を今すぐチェック!

お役立ち情報

車を売る【愛車を最高額で売るなら「下取り」よりも「買取」】プラス10万円はあたり前!? 下取りに出す前にチェックしておきたい愛車の買取価格。
買取査定ランキング アイコン【車買取の一括査定ランキング Best3】はじめての人でも安心して利用できる信頼の一括査定サイトをランキング形式で紹介
一括査定の利用法 アイコン【車の一括査定サイトの賢い利用方法】知らないと損する! 誰でも即実践できる一括査定の賢い利用方法とは?
サブコンテンツ

このページの先頭へ