トヨタ86マイナーチェンジ主要な変更点を紹介

トヨタの人気のFRスポーツカー86に大規模な変更・改良が行われました。2016年ついにに販売が開始する86のマイナーチェンジモデルについて、外装、内装、走行性能のそれぞれにつき主要な変更点を紹介します。

86新型のマイナーモデルチェンジモデル

トヨタとスバルのコラボレーションにより生まれた86&BRZ。

非力ですがパワーに頼らない走りのパッケージングは日本はじめ世界で評価されました。

イギリスの人気自動車番組Top Gearで司会を務めたことで有名なジェレミー・クラークソン氏も好評価を与えたことも有名なエピソードでしょう。

ちなみにクラークソン氏はとても辛口なことで知られており、トヨタ系の車種ではプリウスを銃撃で破壊する、カローラをわざと白物家電と間違えるといった散々な扱いをしています。

86は2012年のリリース後大規模な変更はなく、小規模変更に留まっていました。そして2016年、ついに大規模な変更、改良を行うことになりました。

ここでは2016に販売が開始する86のマイナーチェンジモデルについて主要な変更点を紹介します。

まずは外装。エアロ形状が空力性能を重視されたものに変更されました。

これまでのものと比べると迫力が増しています。

同時にフロントウインカーがヘッドライト内に移動され、ローダウンの制約は解消されました。他ではヘッドライトへのLED採用、リアスポイラーの形状変更、軽量アルミホイールの採用が外装面での変更です。

次に内装。トヨタ最小径362mmのステアリングを採用したこと、GTリミテッドとGTグレードに4.2インチのマルチディスプレイが採用されたこと、ダッシュボードとドアトリムにグランリュクス素材の採用、シートへのアルカンターラの設定と、質感の向上が目的とされた変更がされます。

最後にユーザーが注目する走行性能です。

エンジンは抵抗の軽減などにより、MT車で207馬力にパワーアップ。AT車は200馬力で据え置きです。

ミッションはMTで1-3速にトリプルコーンシンクロを採用し、シフトの楽しさ向上を狙ったとのこと。

同時にファイナルギア比が4.3に変更されます。

ATではパドルシフトを使用すると2-6速でロックアップ制御が行われ、シフトダウン時にはブリッピングをしてくれるようになります。

ボディは剛性アップのためにリアピラーのスポット増し、フロントタワーバー取り付け部の強化、リアホイールハウスの補強が行われます。

サスペンションではダンパーの構造、減衰力の変更やスプリングとスタビライザーの仕様変更が行われます。

また、ディーラーオプションだったザックス製ダンパーはメーカーオプションに変更されます。メーカーオプションにすることにより工賃を追加することなくこれまでの約半額で提供することができるようになります。

今回の改良で全体的に従来モデルよりもブラッシュアップされていてかっこよくなったと感じます。機会がある方は8月1日の発売後に試乗してみてはいかがでしょうか。

【参考記事】

サブコンテンツ

このページの先頭へ