86/BRZ マイナーチェンジ新車の値引き額・安く買う方法

86マイナーチェンジモデルの値引き目標額と安く買う方法

86マイナーチェンジされた新車

トヨタ86とスバルBRZ マイナーチェンジモデルの値引き額が気になる人へ。

86とBRZの新型のマイナーチェンジモデルが2016年8月1日から販売されます。

外観に大きな変更はないものの馬力や空力特性、操作性が大幅に向上し話題を集めています。

既に予約受付が開始された後期型の86とBRZ、その値引き額はどの程度になるのでしょうか。

86/BRZの値引情報と少しでも安く購入するための戦略を紹介します。

86/BRZで大幅な値引きは期待できない!?

トヨタ86とスバルBRZは2リッタークラスのFRドライブ、本格2ドアクーペ スポーツカーで水平対向エンジン搭載という強烈な個性ゆえにほぼライバル不在といっていい車です。

同時に購入者もコアな自動車ファンが多く、86あるいはBRZだけでなければダメという人が多いです。

ライバル車が不在なので販売店側も値引きに消極的なうえ、買い手側も値引きしてくれなければ買わないという人が少ないだけに値引き幅は渋くなります。

実際にマイナーチェンジ前の前期型からして、一般の自動車に比べて値引き額は極端に少なかったのが事実です。

ですから、今回マイナーチェンジされて発売される86/BRZも大幅な値引きは期待できないといっていいでしょう。

86新車の値引きの目標額と安く買う方法は?

ディーラーによっては「値引きはしない」という姿勢を見せているところもありますが、全く値引きが無いわけではありません。

では、どの程度の額が値引きの目標額なのでしょうか?

この点については、2012年に86が発売された頃の値引き額が参考になります。

この当時86/BRZを扱うディーラーはどこも値引きには渋く、数万円程度でストップがかかったといわれています。

ですから今回のマイナーチェンジモデルでも発売直後の時期であれば車両価格とオプションを合せて10万円を超える値引きしてもらえれば上出来と言えるでしょう。

既にマイナーチェンジ後の86の新車を契約した人から等の情報を総合すると、車両価格で5~7万円程度、オプションで10%前後、全体で12万~15万程度が限度ではないでしょうか。

86の新車を安く買うポイントは値引きよりも下取り価格

普通の乗用車のような大幅値引きを期待できない以上、今回マイナーチェンジされた86/BRZの新車を安く買いたいなら、値引き額よりも現在乗っている車の下取り価格をアップすることに注力するべきです。

ご存じのこととは思いますが、各ディーラーによって下取り価格は異なります。

10万円~20万円以上異なることも決して珍しいことではありません。

ですから、値引き額以上に下取車を高く買ってくれる販売店を探すことが重要になってきます。

更に言えば、ディーラーの下取り価格以上の価格で現在の車を買ってくれる中古車買取店があれば、そちらの店に売却してその売却代金を86の購入資金に充てた方がトータルとして安く買える場合も多々あります。

また、一括査定でアナタの愛車の買取相場が分かれば、ディ-ラーとの下取り交渉を有利に進めることができます。

⇒ 簡単20秒 あなたの愛車の買取価格を今すぐチェック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ