土屋圭市氏の愛車AE86 改造費600万円 7A-Gエンジン搭載

土屋圭市氏の愛車AE86トレノについて

土屋圭市の愛車AE86
(出典:http://tecarts.com/index.html)

ドリキンの愛称で知られるレーシングドライバー土屋圭市氏、

トヨタが80年代に発売したFRスポーツの名車AE86とは浅からぬ縁があるようですが、私生活でもAE86のスプリンタートレノを愛車として所有しています。

発売から30年以上が経過しても尚その人気が衰えることのないAE86(ハチロク)。

現在ではタマ数も少なく中古車市場ではプレミアム価格で取引されているハチロクですが、土屋氏がこのAE86トレノを購入したのは、20年以上前で『頭文字D』ブームの到来前とのことです。

当時の購入価格はたったの『25万円』だったそうです。

中古車屋の店頭にハチロクが溢れかえっていた時代とはいえ、当時も人気の中古車でしたからいくらなんでも安すぎます。

きっと知人等を介して安く購入したのでしょうね。

土屋圭市の愛車AE86 その2

驚くべきは、このハチロクの改造やチューンに費やした金額!

これまでの600万円ほどつぎ込んでいるそうです。

600万円といえばレクサスのISが新車で購入できる金額です。

足周りからエンジン、外装に至るまで手が入っていないところはないといったところです。

極めつけは最高で200馬力以上出る7A-G 5バブルエンジンです。

7A-Gエンジン

もともと、AE86に搭載されていたエンジンは1.6L DOHCエンジンの4A-Gですが、7A-Gはトヨタ製のハイメカツインカムエンジン7A-FEに4A-Gのシリンダーヘッドを組み付けて排気量を1.8Lまで大きくエンジンになります。

ここまで手を入れた土屋さんの愛車AE86、筑波サーキットでのラップタイムは1分5~6秒程度とのことです。

ノーマルのインプレッサやランエボにも負けないほどの速さです。

AE86スプリンタートレノの中古車相場は?

発売から30年以上が経過しても人気の衰えることのないAE86、現在の中古車の平均価格は約140万程度。

当時の新車価格とほぼ変わらない値段ですから驚きです。

ちなみに、『頭文字D』の主人公の愛車と同型のAE86スプリンタートレノは特に人気が高く中古車の相場価格が260万円(カーセンサー調べ)とのデータもあります。

 簡単20秒 一括査定で愛車の買取相場を今すぐチェック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ