新型シビック ハッチバックの詳細、自動車ファンの反応は?

2016年ジュネーブモーターショーで公開された新型シビックハッチバッグ

新型シビックハッチバック 2016

ホンダの新型シビック ハッチバックが2016年3月のジュネーブモーターショーで初公開されました。

2017年は欧州で販売が予定されているプロトタイプの新型シビック ハッチバックの詳細とそれに対する自動車ファンの反応を紹介します。

新型シビックハッチバック サイドビュー

低い車高とワイドなボディ、短めのオーバーハング、全体的にアグレッシブな
デザインが徴的な新型のシビック ハッチバックですが、
第一印象としては、「スバルに似ている」というのが素直な感想です。

米国で販売好調なスバル車にあやかったのでしょうか・・・?
大型のエアインテークのデザインやシャープでエッジを効かせたボディデザインはスバルのデザインコンセプトとそっくりです。

新型シビックハッチバック プロトタイプのスペック詳細

新型シビックハッチバック フロントビュー

スポーティーでダイナミックなエクステリアデザイン
現行モデルに対して、全長を130mm、全幅を30mm拡大し、全高を20mm下げるとともに、ロングホイールベース化することにより、ロー&ワイドなスタンスを実現しました。さらに、フロントのオーバーハングを短くして、スポーティーなデザインを際立たせるとともに、走行性能の向上と室内空間の最大化を図りました。
フロントデザインは、大型エアインテークに加え、ヘッドライトやデイライトにLEDを採用するなど、Hondaのデザインを象徴するシャープでアグレッシブなスタイリングとしています。
流れるようなルーフラインと、ボディ側面の2本のキャラクターラインにより、ダイナミックなデザインを強調しています。

クラストップレベル燃費性能と高い運動性能を誇るエンジン
「環境性能」と「運転する楽しさ」を高次元で両立した新世代パワートレイン技術「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」の中で、欧州で初搭載となる1.0L直噴VTEC TURBOエンジンと1.5L直噴VTEC TURBOエンジンに加え、進化した1.6L i-DTECディーゼルエンジンの3つのラインアップを採用。クラストップレベル※2の出力性能と燃費性能により、力強い走りを実現しています。
2つのガソリンエンジンは、低フリクション化を図った新骨格をベースに、新開発のターボシステムと直噴技術を搭載。これにより、従来の自然吸気エンジンを上回る高出力・高トルクを最適なバランスで両立しています。

(ホンダのニュースリリースからの引用)

愛車の買取相場をチェック

新型シビックハッチバックに対する自動車ファンの反応

新型シビックハッチバック リアビュー

2016年3月1日にジュネーブモーターショーでプレス公開された新型シビック ハッチバックを巡って、早速世界中の自動車ファンから多数のコメントが寄せられています。その一部を紹介します。

ホンダとスバル車が似てきていると思うのは俺だけか?
>いや俺もそう思う

このクルマなら来年まで待つ価値があるな。
アコードの2016モデルの購入を予定していたが気が変わった。
愛車のスバル・インプレッサを維持して来年まで待とう。

現行のシビック セダンより全然格好いいじゃねーかよ。
こりゃ、現行シビックの中古車価格が暴落するな。

日本で売るなら5ドアハッチバックよりワゴンが良いと思う
昔のアコードくらいのサイズでしょ?

このクルマに対しては、筆舌に尽くしがたい興奮を覚えるぜ!

ホンダがしなければならないことは、このクルマを後輪駆動にすることだ!そうすれば、購入するよ。

糞格カッコいいじゃないか!一台購入するよ

2015年式のセダンよりも遥かにカッコイイじゃないか!
昨年シビックのセダンを購入した人は残念だな・・・。

4輪駆動システムのオプションはないのか・・・?

シビックのsiとしてマニュアルミッションで販売するなら絶対購入する。

レイダウンされたハッチが気に入らねーな。ハッチが寝ていたら荷物を積めないだろ。ハッチを立てて荷物を積めるようにしてくれ。

お帰りホンダ!よく戻ってきてくれた。長い間心配してたんだぜ。

新型シビックいいね!
だけど、マフラーのセンターマウントはダサイな。

デザインは格好いいけど・・・、
シビックにしてはでかくて重すぎじゃね。

日本市場での復活はこのハッチバックタイプでお願いします!!

これってスバルのインプレッサスポーツや、マツダのアクセラのライバルになるのかな~

– スポンサーリンク –

編集後記

昨年欧州で発売が開始したシビックタイプRに続いてリリースされた新型シビック ハッチバックも生産拠点は英国です。
現行シビックが欧州専用モデルであるのに対して今回発表されたハッチバックはグローバルモデル共通のプラットフォームを使用しホンダの世界戦略車として米国でも発売が予定されています。
現在のところ日本での販売についてホンダからの言及がないですが、いずれ販売されることになるでしょう。
その際、日本の工場で生産しるのか、それとも英国工場で生産された車が輸入されるのか、非常に気になるところです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ