新型シビック タイプR 海外試乗レポートとその反応 2015

新型シビック タイプR 海外試乗レポートまとめ

新型シビック タイプR

新型シビックタイプRの量産車の生産がいよいよイギリスのスウィンドン工場で始まりました。

2015年の秋には日本での販売開始が予定されています。

そんなか、イギリスの自動車メディアである”Auto Trader”が早くも新型シビック タイプRの試乗レポートを公開しました。

試乗レポートの内容をダイジェストで紹介します。


待ちに待ったホンダが遂にF1に帰ってきた!
それは、この新型シビック タイプRのようなハイパフォーマンスカーの生産への復帰でもある。
この新型シビック タイプRはかつてない究極のホットハッチの一台である。(やや興奮気味のレポ―ターです。)

新型シビック タイプR試乗レポート1

 

ターボチャージャー付き2リッター306馬力のエンジンの爽快な吹き上がりが前輪からはダイレクトに伝わってくる!

タイプR 試乗レポート2

 

外観のデザインは単なる見かけ倒しのエアロデザインではない。
スポイラーをはじめそれぞれの空力パーツは空気力学的効率を高める目的を持ってデザインされている。
それらのおかげでまるで路面に吸い付くような走りをもたらしてくれる。

新型タイプR 試乗レポート3

 

19インチホイールとbremboの35㎝大径ディスクブレーキ、それにバケットシートが特に素晴らしい!

試乗レポート4

 

この+Rボタンを押すと新開発の「アダプティブ・ダンパー・システム」によってダンパーがレース仕様のセッティングになります。

試乗レポート5

 

ギアボックスは滑らかでメカニカルなシフト操作を楽しめる極上の仕上がりになっています。

試乗レポート6

 

4000回転からレッドゾーンの7000回転まで爆発的な吹け上がりを見せます。

試乗レポート7

 

この新型シビックタイプRは期待を裏切らない、待つだけの甲斐のある車です!

試乗レポート8

– sponsored link –



新型シビック タイプR 海外の反応は・・・?

試乗レポートに対する海外の自動車ファンの反応をまとめました。

ホンダよ、どうかこの新型シビックタイプRのエンジンをS2000に搭載してくれ!

興味があるだけだな・・・。アメリカだといくらで買えるのだろうか?

前輪だけで300馬力以上ってか!?

ニュルブルクリンクのラップタイプではFF車で最速!!

新型シビック タイプR、是非カナダでも販売してくれ。俺は新しいクルマが必要なんだ。昔のプレリュードが懐かしいよ、最近のホンダ車は俺の好みにマッチしなかった。ランサーエボルーションは凄いけど、俺はホンダ車が欲しい。

アメリカに持って来てくれ!

このクルマは、純粋にニュルブルクリンクでの前輪駆動車の最速記録の更新を狙って作られたんだ。

公道で走るのをみるのが待ちきれない!

何故、FRじゃないんだ・・・? 俺はドリフトがしたいのに・・・。

新型シビック タイプR 国内の販売価格は・・・?

さて、海外でも熱い注目を集めているホンダの新型シビック タイプR、一体、国内販売価格はいくらになるのでしょうか?

英国での販売価格が2万9995ポンド、これを現在(2015年7月9日)の為替レートで換算すると約560万程度になります。

これに、英国からの輸送費や日本での点検整備のコストを単純に上乗せすると600万円近い金額になります。

ただ、日本で600万円のクルマとなると購入層がだいぶ限られてきます。

峠やワインディングを攻めたい若い世代にはちょっと手を出しにくい価格です。

では、比較的金銭的に余裕のある40代・50代の世代がホンダの”シビック”に600万円だしますか・・・?

600万円という金額と”シビック”という組合せではマーケティング的には非常に難しいというのが率直な感想です。

マーケティング的な事情も考慮すれば、日本での販売価格は550万円程度に落ち着くような気がします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ