ダウンサイジングターボのメリット・デメリットについての考察

ダウンサイジングターボのメリットとデメリット

近年、ヨーロッパを中心に「ダウンサイジングターボ」化されたエンジンを搭載するクルマが増えています。

日本でも現行型ホンダステップワゴンにも搭載されています。

採用理由は「小排気量ターボエンジンで大排気量NAエンジンと同等の性能を発揮する」ことで、エンジン小型化による軽量化、低燃費を狙っています。

ダウンサイジングターボのメリットは先ほども述べましたが、エンジンの小型化による軽量化、ポンピングロス低減による低燃費が挙げられます。

また、一定速での巡航時でNA車よりも燃費で勝っています。

デメリットは対ノック性の悪化や高負荷時の燃費が挙げられますが、前者は直噴技術を用いることで解決しています。

しかし、後者については小型エンジンの構造上の欠点でもあるため、完全に解決できているわけではありません。

ターボと同時にターボより低回転に強いスーパーチャージャーも装着することで問題は低減されましたが根本的な解決には至っていません。

また、トヨタはじめ日本メーカーで主流のハイブリッド車に対し、発進時の燃費で劣っているという欠点もあります。

日本のような信号が多く渋滞しやすい国ではダウンサイジングターボのメリットをあまり感じることができないかもしれません。

また、直噴技術を使っているためガソリンはハイオク指定であることが多いため、レギュラーガソリンで済むハイブリッド車にユーザーは動きやすいとも言えるでしょう。

しかし、高速道路といった場所をよく使用する方にとっては「巡航時の燃費でNA車よりも勝っている」というメリットを享受できると管理人は考えます。

長距離移動か多く、また移動時は一定速で巡航するという方は1度試してみてはいかがでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ