御在所岳登山【一の谷新道⇒中登山道】 完全に舐めてました

御在所岳山頂からの眺め

12月中旬の某日、友人に誘われて御在所岳登山に行ってきました。

昔ロープウェイで山頂まで上がったことはあるのですが、
自分の足で登るのは今回がはじめてでした。

当日は、好天に恵まれ12月にしては気温が高く絶好の登山日和でした。

名古屋を午前6時頃に車で出発し伊勢湾岸道‐東名阪の四日市IC経由で湯の山温泉の登山道入り口まで約1時間半ほどで着きました。

登山ルートの選択は、比較的難易度が高く面白そうという理由で一の谷新道から登り、中登山道で降りてくるルートを選択しました。

午前8時過ぎに一の谷新道を出発。

一の谷新道入口の標識
登山道入り口の看板に『中級者以上』と書いてありましたが、
ハイキングに毛の生えた程度だろうと完全に舐めていました。

登りはじめて30分も経たないうちに、当初の認識が誤っていることを思い知らされました。

とにかく傾斜がキツイ!

一の谷新道登山道の様子

登りはじめから2本足だけで登るのは困難な箇所が続出します。

15分でウインドブレーカーとセーターを脱ぎ捨てバックパックに収納しました。

ルートは、これが本当に『登山道・・・?』と思うような箇所も多く、登り始めから1時間を過ぎる頃には息が上がってきました。

それでも、身体にムチを打ってなんとか頂上まで登ることができました。

2時間程度で登れるだろと思っていましたが・・頂上に着いたのが11時頃、登頂に3時間近く掛かりました。

<御在所岳山頂付近の様子>
御在所岳山頂一等三角点付近の様子

山頂で記念撮影をし、昼飯を食べ、1時間ほど過ごしました。

12時過ぎに中登山道から下山を開始。

中登山道もこれもまた、これが『登山道?』と思わせる初心者にとては厳しい箇所が何箇所もありました。

言葉通り、「足が棒」という状態になりながらも、なんとか2時間程度で無事下山することができました。

完全に御在所岳を舐めていました。

– sponsored link –

サブコンテンツ

このページの先頭へ