直6最後のGT-R、BNR34の歴史を振り返る R34 GTR

1999年1月、毎年行われるカスタムカーの祭典である東京オートサロンでR34型スカイラインGT-Rが発表されました。

r34 スカイラインgt-r

通常、新型車の発表はメーカーの施設で行うか、モーターショーでするのが一般的ですが、GT-Rの「チューニングされることが多い」という特性上、カスタムカーショーであるオートサロンでの発表という異例のことでした。

同じ事例は、三菱デリカD:5やトヨタbB、旧型であるR33GT-Rといったカスタムベースとして用いられやすいモデルにあります。

ちなみに事前に大手パーツメーカーや有名ショップに納車されており、当日にはライトチューン仕様を、特に日産ワークスであるニスモは一通り手を入れたコンプリート仕様で出展していました。

ボディはR33と比べてホイールベースで55ミリ、全長で75ミリ短縮されています。

また、角度調節式リアウイングとVスペックには前後バンパー下にディフューザーを装着したアドバンスドエアロシステムを採用しています。

タイヤ、ホイールはついに18インチ化。245/40ZR18 9JのBBS製鍛造ホイールを採用しています。

ブレーキはブレンボを継続採用ですが、取り付けボルトを大径化し、剛性を上げています。

RB26DETTエンジンはターボチャージャーの変更により、トルクを40キロにアップ。より扱いやすいように改良されています。

レースでは主にJGTCとスーパー耐久に参戦。

特にJGTCでは1999年、2003年にGT500クラスのチャンピオンカーとなり、Rの名に恥じない結果を残しています。

しかし、世界的に強まりつつあった省エネルギー化の流れとそれによって2000年に施行された排ガス規制に対応していませんでした。

対応させるには採算が合わないということで、販売延長が可能な2002年8月をもって多くのファンに惜しまれながら限定車「nur」を最後に生産を終了。

5年後にR35型としてGT-Rは復活しますが、スカイラインの名はこのR34で途絶えました。

そのため、「最後のスカイラインGT-R」として程度の良い中古車は500万円を越えるプレミア価格で取り引きされています。

熟成が進んだRB26と意のままの走りをほぼ実現したひとつの「究極」であるR34GT-R。

その走りを一度、身をもって味わってみたいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ