国産初のスーパーカー初代NSXの歴史を振り返る

故アイルトン・セナも開発の参加した日本初のスーパーカーNSX

セナがドライブする初代nsx

1990年、ホンダが第2期F1参戦を機に「ホンダの顔となるクルマを作りたい」と開発したスポーツカー、NSXを発売しました。

エンジンは3リットルV6で、看板技術ともいえるVTECの採用によりNAエンジンながら280馬力を発揮しました。

ボディは世界初のオールアルミモノコックを採用し、軽量に仕上げることが可能となりました。

ボディの生産は専用ラインを用いて手作業で行われており、800万円(当初)の価格とその生産方法により「国産初のスーパーカー」とも呼ばれました。

開発にはアイルトン・セナや中嶋悟といったホンダエンジン供給チームのF1ドライバーも参加していました。特にセナがテスト時に剛性不足を指摘したとき、メカニックが追加した補強バーは通称「セナバー」と呼ばれています。

nsxをドライブするセナ

発売後の1992年にはホンダ初のタイプRが追加。エンジンのバランス取りや約120キロの軽量化、サスペンションセッティングにより標準車よりもサーキット寄りのモデルとなっています。生産は1995年までの約3年間で惜しくも終了しています。

1997年には排ガス規制に対応した改良が行われ、MT車は3.2リットルV6エンジンと6速ミッションに変更されました。

同時に快適仕様のタイプS、タイプRに相当するタイプSゼロが追加となり、バリエーションが増えました。

2001年には安全対策や軽量化によりリトラクタブルライトから固定式ライトに変更となり、10年ぶりにタイプRが復活します。

空力性能が向上され、市販車初のマイナスリフト、つまりダウンフォースを発生するボディでした。このモデルで往年の名レーサー黒沢元治がニュルブルクリンクで7分56秒というタイムを記録しています。

2005年、ヨーロッパでの新しい排ガス規制に対応させるには採算が合わないとし、生産終了を発表しました。

日本初のスーパーカーであるNSX。程度のよい個体は高値で取り引きされていますが、一所懸命に働き、1度は所有してみたいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ