新型4代目プリウスの実際の燃費ってどうなのよ?実燃費が知りたい!

新型プリウスの燃費、知りたいのはカタログ燃費ではなく実燃費

4代目新型プリウスの実際の燃費が知りたい!という消費者のための、各自動車メディアが公表した公道での実証データや4代目プリウスのユーザーによる口コミ情報をベースに市街地、郊外、高速道路でのプリウスの実燃費をまとめました

4代目新型プリウス

2015年の12月の発売開始から現在に至るまで販売好調な4代目の新型プリウス、その人気の一番の理由はやはりライバル車を圧倒する燃費の良さにあるといっていいでしょう。

カタログ値のJC08モード燃費は、最上級のEグレードで40.8km/lそれ以外のグレードでも37.2km/lという驚異的な数値を出しています

3代目プリウスとの燃費の比較では、3代目プリウスのカタログ燃費が10・15モードで計測されていたことから、両者のカタログ燃費を単純に比較することはできませんが、大幅な燃費向上が図られていることに間違いはありません。

ところが、このカタログ燃費というモノが曲者!

最近では、三菱自動車の燃費偽装問題に絡んで新聞・テレビでもカタログ燃費の計測方法について詳細な解説がされていましたが、このカタログ燃費の計測方法をちゃんと理解している人は少ないのではないでしょうか。

でも、大丈夫!

我々、自動車ユーザーが知りたいのは、カタログ燃費ではなく実際にプリウスを公道で走らせた実燃費!

カタログ燃費の概念や計測方法について理解してなくても実際の燃費が分かれば、4代目プリウスの購入するか否かの判断材料としては十分です。

市街地、郊外、高速道路での4代目プリウスの実燃費

実燃費 イメージ

ただ、ひと口に実燃費といっても、走行場所やドライバーの運転技量、気象条件など諸々の要素に左右されます。

そこで、自動車関連の各メディアが公表している実測データや4代目プリウスのユーザーによる口コミ情報をベースに、走行場所を市街地道路、郊外道路、高速道路の3パターンに分類したうえで、それぞれの場所での平均的な燃費をざっくりとまとめてみました。

※注)グレードはEグレード以外の通常グレードになります。

市街地走行での実燃費

ストップ&ゴーの多い東京都内の市街地道路で平均燃費は約25km/lになります。

郊外道路での実燃費

バイパス道路を含む流れがよい郊外道路を走行した結果の平均燃費は約30km/lになります。

高速道路での実燃費

高速道路を法定速度で走行した場合の平均燃費は約28km/lになります。

総評

市街地、郊外、高速道路で燃費を平均すると約27.7㎞/lという数値になります。

高速道路走行時の燃費が予想以上に低いという印象を受けますが、それでも排気量1.8Lの乗用車としては比類のない高燃費といえるでしょう。

同クラスの乗用車の平均的な実燃費と比べても10㎞はプリウスの方が良いです。

年間で1万キロ走行すると仮定した場合、同クラスの乗用車よりもガソリン200リットル分は節約できる計算になります。

レギュラーガソリン125円/1Lで計算すると年間で2万5千円の節約になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ