名古屋国道302号天白区梅が丘 女児死亡事故の原因は…?

– sponsored link –


名古屋国道302号天白区死亡事故

本日、昼食から帰ってきてヤフーのトップニュースをチェックしていたら、ショッキングな事故のニュースが飛び込んできた。

名古屋の環状2号線 国道302号の天白区梅が丘5丁目の交差点で小学2年生の女児が交通事故により亡くなったことを伝えるニュースである。

事故の詳細:朝日新聞http://www.asahi.com/articlesから引用

3日午後0時40分ごろ、名古屋市天白区植田東2丁目の国道302号の交差点で、同市名東区のパート佐々木由紀さん(38)が運転するワンボックス車と、愛知県尾張旭市の会社員木村憲治さん(47)の乗用車が衝突した。 県警天白署などによると、佐々木さんの車に乗っていた佐々木さんの長女で小学2年生の萌衣(めい)さん(8)が搬送先の病院で死亡が確認された。また、同乗の長男(6)もけがをしたという。 現場は片側3車線の国道と、片側1車線の市道が交わる信号のある見通しのよい交差点。同署が事故原因を調べている。

事故現場である名二環状線 国道302号の交差点(梅が丘5丁目・植田三郎廻間東)は、普段よく通る道路である。

事故現場 地図

事故の模様を伝える第一報を読んだときには、「何故あそこの交差点で、このような事故が?」という疑問が浮かんだ。

ここの道路は比較的最近できた道路で、事故を防ぐための最新の交通システムや技術が取り入れられているので、これまでにこの道路で危険を感じたことはあまり無かったからである。

一体どうして、このような事故が起こったのか?

事故現場 梅ヶ丘5丁目・植田三郎廻間東 交差点

一説によると、母親の運転するトヨタのノアが国道302号を平針方面に南進してきて、梅が丘5丁目の交差点を右折して、その先の植田三郎廻間東の交差点を赤信号で止まらなければならないところを、信号無視で交差点に進入したところに、302号を植田方面に北進中のフェアレディZと衝突したのではないかということである。

仮に、母親の信号無視が原因だとしても、衝突の衝撃でノアに乗っていた子供2人が車外に放り出されたというのだから、フェアレディZの方も相当スピードを出していたのではないかと思われる。

事故の状況と原因の詳細は今後明らかになるであろうが、シートベルトをしていなかったのが本当に悔やまれる。

シートベルトさえしとけばおそらく最悪の事態は免れたであろうに・・・・。

この痛ましい事故から学ぶべ教訓は、
制限速度の遵守とシートベルトの着用!

ジュニア・チャイルドシート(0歳~12歳)人気売筋商品一覧

ジュニア・チャイルドシート一覧

スピードの出し過ぎは事故の原因だけでなく結果の重大性にも繋がる。

シートベルトは、それこそ車に乗車するときの命綱である。


名古屋の車買取名古屋の車買取のことならお任せ
名古屋で愛車を高く売るには…?車の売却で後悔したくない人のために買取査定に関するお得な情報をお届けします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ