ホンダ S660 ワインディング試乗体験レポート

先日愛車のシビックType-Rの車検がありました。
いつものようにホンダディーラーへ車を持っていくと、そこには小さな黄色い軽自動車が。

それは今クルマ好きの中では話題となっているホンダのS660でした。

今回試乗したホンダS660イエロー

まだシビックを乗り換える気はないものの、担当の営業マンの方に頼み込んで試乗をさせていただくことができました。

軽自動車とはいえ、エンジンをシートの後方に積んだミッドシップに乗ることは初めての私は、内心とてもワクワクしていました。

まず、シートに乗り込んですぐに感じたのは、とにかく狭いことです。

ソフトトップを外してオープンにしてありますが、身長180㎝弱の私の頭が外に出そうな勢いです。

また、2人乗ると荷物すら室内には置く場所がないため、本当に純粋に走りを楽しむクルマと割り切っているんだと強く感じました。

早速エンジンをかけて走り出します。

今日はいつもの試乗コースではなく、近くのワインディングロードで試乗してもいいと営業マンの方からお許しが出ました。

町中をゆっくり走って試乗コースへたどり着きました。

アクセルを少し強めに踏み込んでみます。

すると軽自動車とは思えないほどの加速を感じ、登りでもグイグイと加速していきます。

トラクションも高く、登りでもアンダーステアも出てきません。この辺りはさすがミッドシップだと感じました。

登りきっていよいよ下り区間です。軽自動車ということもあって、片側の車線だけでもライン取りを行うことができて爽快です。

コーナリングの旋回性能も高く、思い通りのラインを走ることができました。サーキットでも試してみたくなるような走行性能で、夢中でステアリング操作を繰り返していました。

試乗してみて欲しくなりましたが、完全にセカンドカー向けのクルマですので、ぐっと我慢しました。

走りの楽しいセカンドカーの購入を考えている方は、一度試乗してみる価値があるのではないでしょうか。

(岐阜県 kazuさん 20代 男性)

一括査定の賢い利用方法

– スポンサーリンク –

サブコンテンツ

このページの先頭へ