矢作川 シーバスフィッシング 7月15日

矢作川大橋の下

本日、矢作川へシーバスのルアーフィッシングをしに行きました。

潮回りは大潮で、満潮は4:57(230cm)、干潮は午前11:30(29cm)、いずれも名古屋港標準です。

午前8:00頃に矢作川大橋に到着、すでに西尾市側の堤防には、陸っぱりのルアーマンが数人陣取っていました。

まだ、潮が十分に引いてなかったので、大橋から下流600m程の場所でウェーディングを開始しました。

入水したのが8:30頃、そこから1時間半程、流芯に向かってルアーを投げまくりました。

一度だけ表層付近でシーバスのバイトがありましが、フッキングせず。

潮が引いてきたので10時頃に矢作川大橋の下にポイントを移しました。

既に5名ほどウェーディングでの先客がいました。

もう少し早く場所を移動すべきだったと後悔しながらも、
なんとかポイントを確保して干潮までの時間一杯まで粘りましたがルアーへの反応はありませんでした。

他の釣人にも反応はなかったようです。

今年は、なんとかデイゲームでリバーシーバスを釣りたくて
本日までに数回足を運んでいるのですが、残念ながら本日も撃沈でした。

まだ時間がったので橋桁回りを攻めてみればよかったと反省しています。

それにしても、今日は暑かった、午前中で30度を超えていたと思う。
腕が日焼けでやけど状態です。

次回はちゃんと日焼け対策をしていかねば・・・。

矢作川大橋に向かう前に、棚尾橋の一個上流の橋の上流でウェーディングしていた釣人を見た。
満潮から3時間後ぐらいで、あの場所でもウェーディングできることを確認。
次回はあそこのポイントを攻めてみるか・・・。

– sponsored link –


名古屋の車買取名古屋の車買取のことならお任せ
名古屋で愛車を高く売るには…?車の売却で後悔したくない人のために買取査定に関するお得な情報をお届けします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ